本家玉壽軒

本家玉壽軒

souvenir

慶応元年(1865年)、井筒屋嘉兵衛という屋号で西陣織を営む傍ら、和菓子を商いはじめたのが始まりであります。大本山妙心寺様の初代管長様に屋号を玉壽軒と名付けていただき、一筋に和菓子づくりを専業としました。その後、菓子は玉壽と信頼されるようになり、御本山のお出入を許され、現在、御用達であります。
フロア
1F  ▶フロアガイド
業種
京菓子
電話番号
075-365-8602
営業時間
8:30~20:00(季節により時間変更あり)
URL
なし
ひとこと
紫野大徳寺の地名から名付けられた「紫野」は、大徳寺納豆(味噌納豆)が和三盆と落雁粉の衣で包まれています。一口サイズで、挽茶の緑・きな粉の黄茶色・白の3種類。落雁の上品な甘味と、大徳寺納豆の渋みが調和した名品です。
  • 新着ニュース
  • 茶つう 6個入り 874円(税込)

    (2014年02月13日)
    外の皮はお抹茶を原料にしお抹茶そのものの色に仕上げています。中の餡は「胡麻こし餡」の焼き上げた、半生菓子です。

PAGE TOP